電話 熊本県熊本市中央区花畑町1-7 MY熊本ビル3F (MAP) 

相続・遺言・離婚・借金問題を解決する熊本の「弁護士法人ときわ法律事務所」

相続・遺言・離婚・借金問題を解決する熊本の「弁護士法人ときわ法律事務所」

2020年08月21日 離婚・親権

Q 不貞とは?

A 既婚者(配偶者のある人)が,配偶者以外の異性と,性的な関係を持つこと。
この「性的な関係」というのは,セックスなど,性的な意味合いのある身体的な接触を持っていることを意味します。
「恋愛感情があり,二人だけで会ったり,『好きだ』といったメールやLINEを送り合っている。しかし肉体関係は一切ない」と いう場合,「不貞」には当たりません。

Q 「不貞」があったかどうか?が問題となるのは,どういった場合?

A 離婚(①)や慰謝料請求(②)です。
① 法定離婚事由 「離婚裁判においてこのような事実が認められれば,たとえ相手が離婚を拒んでいても,裁判所は離婚の判決を出せる」事情のこと。不貞はその一つです。
② 慰謝料請求 夫婦は互いに「配偶者以外の異性とは性的な関係を持たない」という貞操義務を負っています。配偶者ではない異性と性的な関係を持った場合,①の「法定離婚事由」が認められるだけでなく,慰謝料を支払うことになるかもしれません。
また,既婚者と性的な関係を持った場合,この人(いわゆる「浮気相手」)にも,慰謝料の支払義務が生じる可能性があります。

Q 配偶者ではない異性との間で以下のようなことをしている場合,「不貞」にあたる?
・二人きりで食事をする
・頻繁に電話で話している
・LINEやメールを頻繁にやり取りしている
・その中で「好きだ」,「付き合おう」,「結婚しよう」などと言い合い,約束をしている

A 「性的な関係」はなしで,Qにあるような行為のみであれば,「不貞」には当たりません。
ただし,こういったことにかまけて家庭をないがしろにしている場合,「不貞」はないとしても,「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして,裁判での離婚が認められる可能性は,あるかもしれません。
相手の異性との関係でも,積極的に誘い,「離婚して欲しい」と求めるなど,結婚生活を壊すような働きかけをしている場合には,慰謝料の支払義務が認められる可能性があります。

Q 配偶者が風俗に行き,お金を払って性的なサービスを受けた場合,これは「不貞」にあたる?
A この場合,何らかの「性的な関係」が持たれているはずですが,法定離婚事由としての「不貞」にあたるかどうかは,具体的な事情によって判断が別れるようです。
なお,配偶者から「風俗は絶対に行って欲しくない。絶対に受け入れられない。もし行った場合はどういった事情があっても夫婦関係は続けられない」などと予め言われていたような場合,「不貞」にはあたらないとしても,「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして,離婚が認められる可能性は,あるかもしれません。
仕事として「性的な関係」を持った相手(風俗嬢)に対し,不貞の慰謝料を請求できるか?となると,こちらは「難しい」と考えた方がよさそうです。
通信中です...しばらくお待ち下さい